闇金netについて

当サイト「闇金net」について

闇金netは、闇金(ヤミ金)からの借金取立の相談でき問題解決できる弁護士や司法書士一覧と、日本貸金業協会と財務局が正式発表している借りてはいけない闇金業者を一覧化したリストを公開。

闇金相談対応事務所一覧

弁護士

司法書士

闇金とは

 貸金業を営む場合は、都道府県知事へ貸金業登録を行わなければなりません。この登録をせずに貸金業を営む業者を「闇金融」となります。実在する貸金業者や関連会社、子会社を装ったり、無登録でありながら貸金業登録番号の詐称、悪質な勧誘等が判明した場合も闇金となります。

 カードローンを利用する際には、悪徳な業者の利用を避けるように、しっかり業者のことを調べなければなりません。インターネットなどでカードローン会社を検索しますと、多くの業者がヒットします。銀行やCMで宣伝をしているような大手の会社ならば、問題はないのですが、異常に安い金利でブラックでも借入れOKなどと謳っているような会社は、闇金である可能性が高いです。

 闇金を利用してしまいますと、法外な金利が課されますので、毎月の返済額が大きくなります。また借入れ元本が減りませんと、いつまででも金利を支払わなくてはなりませんので、最悪、一生金利分だけの返済をムダにしなければならないようになってしまうことも考えられます。また、毎月の返済遅延などを起こしますと、より高い返済遅延の金利を適用してしまいますので、雪だるま式に借金が増えてしまうのです。

 闇金の多くは、ダイレクトメールや電話で融資を促してきます。一説によると、闇金業界には、お金に窮している人のリストが存在するようで、ダイレクトにお金を借りるように促してくるのです。しかも、とても紳士的な態度で接してくるのです。また、多重債務者になり、年収の3分の1までお金を借入れてしまっているような人は、闇金を利用するしか方法がないような状態に陥ります。ですから、ずるずると借金をするのではなく、お金を借りる時は、返済計画をしっかり立てなければなりません。闇金は非道な取り立てもしますので、注意しなければなりません。

 闇金融からお金を借りると、厳しい取り立てにあい、金利を工面するために、違う業者からの借金を繰り返して、結局最後には自己破産してしまう人が急増しています。闇金融などを利用して、現に暴力や脅迫による取り立てを受けている場合は110番通報、法外な金利を取られたりした場合の相談は最寄り警察署の生活安全課まで相談しましょう。

多重債務から闇金への借入

 現在の収入だけでは生活ができなくなってしまった時や、急な出費が訪れた時、どのようにお金を用意することを考えるかがとても重要です。友達や家族に借りるという方法を考える人もいますが、人にお金を貸してもらうのは、気が進まないと考える人や、恥ずかしいと考える人も少なくありません。以前借りた分のお金を返していなければ、再度お金を貸してほしいという事も出来なくなってしまいます。

 そんな時には、銀行や消費者金融、カードローン会社、クレジットカード会社のキャッシング枠から借り入れをすることを検討する人が多いかと思います。ですが、銀行や消費者金融からの借り入れ額が膨らんでしまうと、どこの銀行や消費者金融からも借り入れをする事ができなくなってしまいます。

 新たな借り入れで、今までの借り入れの返済をしている場合、新たな借り入れができないと、返済が滞ってしまいますから、何としてもお金を用立てたいと考え、闇金と呼ばれるような悪徳な消費者金融から、借り入れをしてしまう人も少なくありません。闇金は、他社から借り入れをする事が出来ない人をターゲットとし、法外な金利や取り立てにより、運営している金融業者です。闇金でしか、借り入れをする事が出来なければ、どんなに高金利であっても、借り入れをしてしまう人もいますし、闇金とわかっていても、取引をしてしまう人も少なくありません。

 闇金と取引をしてしまうと、その後の生活は確実に破たんしてしまいます。今まで他社からの借り入れが非常に多くなっている上に、法外な金利で借り入れをするわけですから、返済は更に困難になってしまうのです。闇金に借り入れをした時点では、その月は、支払いに困ることはありませんが、翌月からは再度、生活と返済に困ることになりますし、新たに借り入れをしないといけない状態が継続することに変わりはありません。闇金は、借り入れが出来ない人にとって、最後の砦になると考える人が多いのですが、闇金に手を出してしまったら、その時点で、確実に普通の生活を取り戻すことは難しいと考えましょう。

闇金の種類

システム金融

名称の違う金融業者がグルになって、一人の債務者に対し、次々に他店を紹介して融資しますが、実態を解明すると実質的な経営者は共通の場合がほとんど。

登録詐称業者

広告の登録番号の表示に架空の登録番号を使用したり、他の貸金業者の登録番号を使用するなどして登録業者を装う。

090金融

勧誘のチラシに携帯電話の番号と業者名しか書かず、正体を明かさないまま、違法な高金利で小口の融資を行う。

押し貸し

契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振り込み、法外な高金利の利息などを請求する。

紹介屋

あたかも低金利で融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、「あなたの信用状態はよくない。うちでは貸せないのでほかの店を紹介する。」などと言って、他の店で借りるように指示し、借入れた金額の一部を紹介料としてだまし取る。

整理屋

「あなたの債務を整理・解決します」などと広告し、多重債務者から「整理手付金」 といった名目で現金などを預かり、整理をしないでだまし取る。

弁護士や司法書士への闇金相談の主な流れ

  1. 相談
    弁護士または司法書士にインターネットまたは電話で申込をする。
  2. 受任契約
    弁護士または司法書士が現在の状況を把握して最適な債務整理の方法を提案。
  3. 取り立て即停止
    ヤミ金業者に対して、弁護士または司法書士が受任通知を行います。この時点でヤミ金業者から取り立てがストップします。
  4. 交渉・解決
    ヤミ金業者ほの督促停止および元利金放棄などの解決に向けた交渉。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする